文系PhDの日常

実学から遠い文系;博士号ほしい;海外留学中

LIFE-週末雑感

緑の親指ごっこ

どうも更新滞りがちでした……ふう。プライバシーとネットの確保される空間に戻ってきましたので、またぼちぼち書こうと思います。 ぼちぼち更新でもいつも読んでくださっているみなさま、ありがとうございます! 最近はご存知のように数独にはまり、テトリス…

ポルトガルについて思うこと

こんにちは、はたえるどです。 先日、ポルトガルはリスボンに旅行に行ってきました。 やはり色々考える・思うことがあったので、つらつら書いてみたいと思います。 1.南の国は明るいな 滞在国(西欧)で飛行機に乗ったときは、薄暗い朝の光の中をみぞれ混…

「それぐらい察してよ」はもうやめようじゃないか

冬休み中に一度、風邪でダウンしておりました。 ありがたいことに友人Aが看病に来てくれ、「何か必要なものはないか、何かして欲しいとことはないか」と数時間面倒を見てくれました。 のど飴も買ってきてくれたし、スープも温めてくれたしありがたい……。 と…

絶望の国の絶望の若者たち

こんにちは、はたえるど@西欧某国留学中です。 今日は海外に渡って思った、絶望的な日本の状況について考えてみたいと思います。 タイトルはご存知、社会学者古市さんの『絶望の国の幸福な若者たち (講談社+α文庫)』という本のパロディです。 この本には、…

大人になってから閉所恐怖症気味な話

こんにちは、はたえるど@集合体恐怖症&閉所恐怖症気味です。 以前の記事で「加齢によって生きやすくなってきた!わーい」と書きましたが phdnonichijo.hateblo.jp 子供の時は出来たのに今はできないとはっきり自覚していることもあります。 それは、体の動か…

地球の反対側から上橋菜穂子さんへの愛を叫ぶ

こんにちは、作家、上橋菜穂子さんが大好きなはたえるどです。 今日は上橋さんの著作『守り人シリーズ』にまつわるごく個人的な思いを存分に書き散らかそうと思います。 上橋菜穂子「守り人」軽装版完結12巻セット (軽装版偕成社ポッシュ) posted with ヨメ…

25歳を越えたら圧倒的に生きやすくなった話

こんにちは、はたえるどです。 今日は非常に個人的・内省的な話をしようと思います。長文ですが、ご興味ある方はお付き合いください。 さて。25歳頃までの私は非常に生きづらい人生を送っていました。 私の理想は、明るくて、ポジティブで、社交的で、皆に好…

「LBGTは生産性がない」発言の杉田水脈議員×三浦しをん「祖母の死」

年末なので、今年のニュース振り返りの一環ということで。 「LGBTの生産性」問題は、2018年5月号の『新潮45』における、自民党、杉田水脈氏の発言が炎上したという一件でした。 細かい論考は専門家の皆様に譲るとしますが、最も問題になったのは LGBTのカッ…

マザーグース好きです

なんでか分かりませんが、久しぶりに「誰がコマドリ殺したの」が気になって調べました。 何を描写しているのか諸説あるという謎めいた雰囲気がまた堪らん。 (その流れできらきら星の原曲が、3歳児にはとても聞かせられないような大人な内容の歌詞付きだと…

人種差別問題について思ったこと<続き>

さて飽きもせず人種差別問題について。 「また差別的な発言聞いた!ぷんぷん」と言い続けている私ですが、人種あるいは文化ごとに固まって、他の文化的バックグラウンドの人との接触を避けてしまうのも仕方ないかなと思う面もあります。 だって自分の感覚と…

人種差別問題が頭から消えない

今でも色々もやもや考え中であります。 例えば、隣の研究室で研究している子(現地人)が今度別のオフィスに移ることになりました。彼女は常々「二人部屋がいい(通常若手PhD生は六人部屋に配属される)」と言っていたので「ああ、良かったね〜誰と同室なの…

異文化コミュニケーションの難しさ

最近友人(日本人)と話していて、「やはり外国語でのコミュニケーションは難しい!」という結論に達しました。なんと当たり前な、と思われるかもしれないですが、もうちょっと聞いてくださいよ。私たちが共通して感じるのは、言語能力の壁を感じることもも…

養子のこと

異文化コミュニケーションの難しさについて書こうと思っていましたが、その前に養子問題をざっと取り上げようと思います。 養子問題というのは、両親と養子の人種が違うとき、どういう困難があるのだろうかという私個人の疑問点であります。 こちらで生活し…

人種差別問題

さて。最近差別的な発言を身近で耳にしたので、その経験を書いてみようと思います。 私は普段、あまり差別的な発言を気にしたりしません。だって高校生(ぐらいの子供)が何かアジア人差別的なことを叫んで、笑いながら自転車で通り過ぎていったってさ……「ま…

やる人とやらない人の差が広くなりやすい世の中だと思うのですよ

courseraが高等教育として失敗したという主旨の記事を読みました。Courseraによって一流大学の授業がオンラインで、無料で受講できるようになったことで、経済格差と教育格差の相関関係が改善され、金のかかる高等教育がなくなるのでは(とまではいかなくて…

留学してると色々な人に会えるからいいよね

日本の大学にいたら「同じ研究分野の人」「同じ大学の人」「近い年齢の人」ばかりと交流してしまうんですよね。でも、こちらに来てから「年齢も全く違う、こちらに来た動機・背景も違う、大学も違う、研究分野も全く違う」という人とたくさん知り合いました…

時間がないんじゃなくて、時間を作るか作らないか

研究ノルマが消化しきれず、じわじわ累積してきています。 やはり締め切りを一週間延ばすか… 締め切りと言っても、自分のなかでの締め切りというか 何か提出しなきゃとか、先生とアポがあるとかいうわけではないので、気楽なものですが。 Courseraも一コース…

データだけくれれば、それでいいんです

紙の書籍とはすっかり縁遠くなり、電子書籍ばかり読んでいます。 論文もほとんどpdf化しているし。でもこれは、日本から海外に移るときに、荷物を送ったりするのが嫌で、電子化したのでした。紙って重いから持っていくのも大変だし… 数年前までは、先生方が…

馬力のある図書館が好きです

今いる大学の図書館は 蔵書数が多い&オンラインで閲覧できる本が多い&オンラインで閲覧でき、かつダウンロードできるジャーナルが多いので幸せです。 日本の大学にいたときは、こうはいかなかったものです…… わたしは、日本で二つの大学に所属したことがあ…