文系PhDの日常

実学から遠い文系;博士号ほしい;海外留学中

ぐだぐだたいむ!

ちょっとぐだぐだした夜を過ごしました。

基本的には読書が趣味なのですが、youtubeを見るというワザを最近覚えまして

お気に入りのyoutuber何人かのビデオをひたすら見たりしました。

 

それにしてもyoutuberってどうやって開拓するんでしょうね……?

Youtubeが「おすすめビデオ」みたいな感じで出してくるやつを見て探すのかな。

 

本を探すときは、本屋や図書館で見かけていいなと思った本を読んだり、本屋大賞とか賞をとったりしたものを読んだり、周りの人のおすすめを読んだりしていたような気がしますが

Youtube文化に慣れていないからか、周りからの情報みたいなのは全く入ってこないので

「みんな何見てるの?」という感じです。

もっとyoutubeに慣れている世代だったら、「この人いいよ」とか情報共有しあったりするのだろうか。

 

それに本だって、いまはkindleで買ってるから「本屋ぶらぶら」みたいなブラウジングタイムはあまりなくなりました(それでも現地の本屋とか好きでぶらぶら歩きまわったりしてますけど)。

 

でも!kindleにはまだまだ不満があります。

 

Kindleで本を探しているときって「あ、こんな本あったんだ」みたいな気付きがないんですよね。人気のある本はよく購入候補に出てきて「もう知ってるわい!」ってなるし、同じ作家・同じテーマの本ばかり出されても困るときもある。なんというか……甘いもの食べたら次はしょっぱいものを食べたいように、別のもの、全然反対のものが欲しくなるときもあるのです。

そういう心の機微に応えてくれないので、kindleで本を探すのは大変です。

わたしはなので、ほかのアプリとか情報サイトで情報を補いながら、ピンポイントで欲しい本を探したりしています。

 

こういう人間の気まぐれに沿ったシステムを作るのは労力がかかるのでしょうね。Kindleの現行のシステムは一貫性があるけど、利用者投稿型のStandみたいなアプリのほうが、思いもかけない提案があったりして、人間的な思考の飛躍の恩恵に与れる感じです。

 

それに、kindleが広まっていくほど、書評家が大切になるのでは?

例えば普段ホラーを読まない人でも、読書傾向の似ている書評家の人が「ホラー嫌いな人も大丈夫」ってお勧めしたら、「それなら読んでみようかな」と強く動機づけられると思うのです。

機械ではなく人間がお勧めするということにまだ価値がある時代ですかね。

 

専門でもなんでもないことにかんして、意外にいろいろ物申してしまった……

 

今日はこのぐらいで。