文系PhDの日常

実学から遠い文系;博士号ほしい;海外留学中

パソコン買い換え

じゃんぱらで買った中古のパソコンを日本から持ってきて使っていたのですが、ついにキーボードが部分的に壊れ、使用に非常に難がある感じになってしまい……諦めて買い換えてきました!

まず先代のスペック:ダイナブック13.3インチラップトップ。中古品で、購入時既に相当使用した形跡あり(ヒンジも結構緩かった)。確か三万円とかで買ったんじゃないかな……。でも普通に使用するぶんには大丈夫でした。あ、購入後、イヤフォンジャックが壊れてしまって、イヤフォンを使えませんでしたけど。古い以外は薄くて軽いし、レスポンスも速いし悪くないです。

そして今回買ったのは……えーっとちょっと詳しくは覚えてませんが、asusのやつで、電気屋さんに行って13.3インチで1.5キロ以下で予算以内で割引になってたやつを買ってきました。日本にはないモデルのようですね。もちろんキーボードの配置とかも現地仕様。現地語のまま設定してしまったので、咄嗟に打っても日本語にならないし、サイトの設定は勝手に現地語または英語になるし、まあ、語学学習に最適の環境ですね!(無理やりポジティブ)

ちなみに先代は壊れているといっても、キーボードが二か所打てない以外は大丈夫なので捨てるのはしのびない……と思っていたところ、留学に来ている日本人学生の子がラップトップを壊して非常に困っているとのことだったので、お貸ししました。貸すようなものではないかもしれないけど、まあ普通に動くから良いかと思いまして。それにofficeやnortonは入れたままだし。

新品のパソコンを買ったのは本当に久しぶりでした。最後に買ったのは学部卒業時。15.6インチのを買ったのですが、それは今でも据え置き用として大切に使い続けています。これはお気に入りで思い入れもあるのですが、何しろ重くって……持ち運びを想定せずに買ったので、いざというときは持ち運びたくないかな、というぐらいの重さはあります。なので今回は13.3インチのものを!持ち運びを見据えて買いました。どうせ学校に行くときはデスクに据え付けのPCがあるんですけどね。でも、何だかんだ持ち歩く機会が増えてきたように思うので、持ち歩きが苦にならないかどうかは非常に重要なポイントです(個人的に)。

ただ、現地の学生とかは平気で15.6インチ持ち歩いていたりするのでびっくりします(しかもカバーなしでリュックに直入れ)。まあ体の大きさが違うもんね……少し体が大きい男子学生だと、逆に13.3インチが小さすぎるようにも見えたりするし。

新兵asusは大学に持って行って取り出した途端「asusじゃん!」と中国人留学生にめっちゃ反応されました。彼らが持っているのはmacが多いんですけど。

今日はこんなところで。