文系PhDの日常

実学から遠い文系;博士号ほしい;海外留学中

修士課程進学と大学予備校化について日本と比較してみる

修士課程への進学は、日本の文系ではあまり一般的ではないように思います。「行って何か良いことある?」「普通に学部卒の新卒で就職すれば良くない?」という見方があるように思うし、実際わたしが就活せずに院試だけ受けたときも「それってつまりどういうこと?何するの?」みたいな反応を受けました。まあ、理系に比べるとあまり一般的な道ではないように思いますね。

逆に現在、わたしが滞在している国では、修士課程に進むのは至極普通です。むしろ学部で卒業した人がわたしの周りにはほとんどいませんね(もちろん、わたしの周りはPhD生が多いからというのも大いにありますが……)。むしろ、修士課程まで行って、インターンして、専門性を十分に高めてから就職するのが良い、という風潮があるように思います。あとは、学部の時は好きなことを勉強して、修士ではもっと就職に役立つことを勉強するとか。

それに就活でも成績が重要なので、みな一生懸命勉強します。もちろん、必ずしもトップの成績ではないけど人たらしのような人が次々内定を勝ち取るみたいな現象はありますが、TAをした、成績優秀者に選ばれた、自分の専攻にまつわるバイトをした、みたいな「学校の勉強ちゃんとやりました」的なことがちゃんと評価されるので、がり勉・優等生的な真面目タイプが結構いるように思います。

日本では、がり勉・優等生は学校成績では評価されるのに、「でもちょっとワルなところがあると良い」「バカでも人当りが良い子がいい」「講義にバか真面目に通うより、部活・アルバイト・サークルで社会経験を」みたいに言われて、学校での評価と社会での評価が一致しないという奇妙な捻じれがあるように感じます。学校での「いい子」が必ずしも社会での「いい子」とは限らない。この捻じれは気持ち悪いし、混乱のもとであるとわたしは思います。

今のところ一般的なのは、学校を社会に合わせることで一貫性を持たせようという方向性のようですね。大学を就職予備校にするという方向です。でも社会を大学に合わせてもいいよね。なぜ、会社は学校成績が良い人をとらないのでしょう?なんだか社交性・人たらし力が高く評価されているようですが……結局、日本社会では周囲・外部と摩擦を生じない人物が最も求められているのでしょうね。資料を読み込み、問題を見つけ、仮説を立て、データを集めて分析・検証し、結論・提言を出すという修士課程で特に鍛えられるような能力は、日本社会では相対的に求められていないわけです。逆にわたしの今いる国では、ある程度の社交性はもちろん生きていくうえで必須だとしても、学術的な能力(知識じゃないですよ)が評価されやすい。だから、学びを評価し、学びに長けた人を会社で採用するというシステムになっているのでしょう。

色々な側面を捨象したざっくり比較論でしたが、修士課程楽しいよ、価値あると思うよって言いたかっただけなんですよ……もっとざっくばらんな修士課程経験談はまた後日ということで。