文系PhDの日常

実学から遠い文系;博士号ほしい;海外留学中

夏休みに帰省する?

親からさりげなく帰省のプレッシャーをかけられています。夏休みは帰省しません、と以前伝えたのですが、「忙しい?帰って来ないの?」と再度問われました。うーん、残念ながら今のところ帰省の予定はないですな。結構忙しいし、航空券高いし、今年はもう一回帰省したではないですか。

しかも日本の夏!!生き延びれる気がしません。こちらも暑いですが、空気が乾燥しているし、風が吹くと爽やかだし、過ごしやすいし、日も長いし、バケーション的な浮かれた気分で楽しいし、こっちの夏のほうが過ごしやすいんだよ!!

なので帰省するにしても、夏以外が良いです。春とか秋とか良さそうですけど、がっつり授業だしなあ。年末年始は航空券がばっちり高くなりそうだし。こうやってずるずる帰省しないままになっていくのでしょうね。私は日本にいたときも、半年に一回ぐらいしか帰省しない薄情者でした。といっても、下に兄弟がいてまだ親と同居しているので、母の寂しさはそれでかなり紛らわされていると思います。というかそう期待しています。

親との同居といえば、懇意にして頂いている現地のご家族(父母兄弟の四人家族)で、お兄ちゃんは三年前に大学入学を機に実家から引っ越し、この度、弟君も大学入学のために実家から引っ越し、しかも、これまでバカンスは毎年家族で過ごしていたのに、今年の夏休みのバカンスはついに、ご夫婦、お兄ちゃん(とその彼女)、弟(とのその友人一同)でばらばらに過ごすことになったそうで、「久しぶりに二人でバカンスだ……」ご夫婦がおっしゃったのが印象的でした。やっぱり寂しいでしょうね。息子さん(お兄ちゃんのほう)も「両親の親としての生活に一区切りがつく」としみじみ。

こういう他人事としては寂しさを理解できるのですが、自分事になると、「うひょう!一人暮らしだぜ」という興奮が抜けきらないおこちゃまであります。はい、夏休みは帰省しない親不孝者です。

しかし、こちらに長期滞在している知り合いは結構一時帰国しました。駐在さんご夫婦も日本に帰省されると聞いてちょっとびっくり。5年しかいないのだから、ヨーロッパ中をバンバン旅行しよう!ヨーロッパの夏を満喫しよう!とか思わないのかな。いや、もちろん、ヨーロッパ中を旅行したうえで、さらに日本に帰るのかもしれないですけど。

というわけで、私は普通にヨーロッパでバカンスして、秋から現地で新学期を迎えるという方向性でいようと思っています。

今日はこんなところで。