文系PhDの日常

実学から遠い文系;博士号ほしい;海外留学中

kindleで研究書を買うと困ること

最近、研究費使用の都合があり、欲しかった本をバンバン購入しています。「この本欲しい!」と思って「欲しいものリスト」に登録までして、「でも経費の手続きとか面倒だから~」と先延ばしにしていたのですが、今月まとめて買ってしまうぞ!バンバン事務手続きするぞ!(←こうでもして発破かけないと、とても踏み出せない)

 

というわけでamazonでぽちぽちしていたのですが、私は「kindle使用者」かつ「紙要らないからデータだけください」教信者なので、kindleで買えるものはkindleで買うことにしています。

最近のkindleは洋書や研究書も結構充実しているので、便利です。案の定、欲しかった本(専門書かつ洋書)が二冊kindle.jpにあったので、購入しました。

さて、早速ノートでもとりながら読み始めるか、と思って開いたところではたと気づきました。

kindleはページ数がない!

ページ数が!!ない!!??

 

そう、kindleはフォーマット自由自在なので紙の本的な「ページ」の概念がないのです。パーセントや何枚目的な表示はしてくれるますし、ブックマークや検索機能があるので、小説を読んでいるときには困りません。困らないのですが……

研究書の場合はページ数がないと、非常に非常に非常に困るのです。

 

というのも、研究者は論文を書くときに「引用」ということをするわけです。例えば、「こういうデータについては、○○さんの本の何ページを見てください」と書いて、自説を補強したりするわけです。このとき、本全体を参照して欲しい場合は「○○さんの本を見てください」と書けばいいのですが、多くの場合、「○○さんの本のこのページ」というのがはっきり決まっているわけです。そして、こういうときは、ちゃんとページ数を表記せねばならないという決まりなのです!

 

なのでkindleのようにページ数が出ないというのは大変大変大変困った事態になるわけで……現実的には、google booksとかで、紙の本のページ数を確認することになると思いますが……

まあ、そんなことに気づいたため、引用する可能性のある研究書をkindleで購入するのは金輪際やめようと思いました。

今回購入した本は、引用の可能性が割と低い本だったので、本当に良かったです。(でも、ノートとるときはページ数を必ず書くので気づいた)

 

ちなみに出版社のebookなら、印刷した本のpdfデータをもらえるのでページ数とかもばっちり入っています。私も今後は必ずこちらを買うことにしたいと思います。

 

今日はこんなところで。

 

※2018年8月13日:その後、購入したもう一冊の洋書(しかも本を二冊じゃなくて三冊購入していた……たくさん買っていたため、頭が混乱していたと思われる…)を読み始めたら、こちらは固定フォーマットでページ数が入っていました!その代わり文字の大きさや行間を調整したりできないわけですが…でも、これならいい!つまり固定フォーマットを選んで買わねばということですな。