文系PhDの日常

実学から遠い文系;博士号ほしい;海外留学中

マドリード二日目

スペインって夜ご飯の時間が本当に遅いんですね……。

昨日20時半頃、夜ご飯を食べるレストランでも探すか~とホテルを出ましたが、多くの人はまだタパス食べながらお酒飲んでるような時間でした。それでレストラン探しが難航し、21時頃行き着いたタパス屋兼レストランのようなところに「お腹も空いたし、もうここでええわい」と入ったのですが、レストラン側には誰もがいませんでした……表側のタパス屋はあんなに混んでるのに。帰りは23時頃だったかと思いますが、ホテル近くのハム屋(兼簡易レストラン?)では、小さい子連れの家族がのんびり夜ご飯食べているし。

スペインは夜ご飯が遅いと知っていたので、これでも遅く出発したつもりでしたが、まだ早かったか……。

私が普段住んでいるところは、18時頃に夜ご飯が普通で、早ければ17時半とかもあり得るので、カルチャーショックを受けています。だって22時に夜ご飯って……どうですか?日本人感覚で考えても、ちょっと遅いと思うのですけど。○時以降は絶食!みたいなダイエットはスペインでは難しそうですね……。

というか、そもそも昼ご飯が重く、夜ご飯が軽い文化なのだそうです。なので、夜は酒と酒のつまみがあれば十分で、そんなにがっつり食べないよう。だから、遅い時間まで飲みつつ、ちょこちょこタパス食べつつ、時間をかけて過ごすようですね。

ちなみにお昼の時間帯は、小学生でもおうちに帰って三時間の昼休暇をとる。その間に昼ご飯をがっつり食べてシエスタして、また学校に帰るというスケジュールらしいです。うーむ、未知。

今日はこんなところで。