文系PhDの日常

実学から遠い文系;博士号ほしい;海外留学中

新学期ですね〜

新学期が始まりました。駐輪場激混み。教室が分からなくて、うろうろしている新入生多数。初々しいですね。

私は今学期は授業を一つとることにしました。もうPhD生なので単位は要らないので、授業をしている先生に直接メールして参加しても良いか聞きます。単位が要らないとなると、テストもないので楽。もちろん、人数が多いクラスには入れてもらえないですけど。まあ、聴講生みたいな立場でしょうか?

別に授業はどうしてもとらなければ!ということはもちろんなくて、全然とらない人もいるし、むしろ授業している人もいるし、PhD生ともなると色々です。むしろ、PhD生の能力アップ系授業をとるように推奨されます。受講した人は口を揃えて「まあ……役には立つよ。面白いかどうかは、むにゃむにゃ」と口を濁しますが、履修が強く推奨されているので私も(嫌々)月末にとりにいきます。

後は、大学のスポーツセンターに復帰し(夏休み中はさぼり気味でした……)、夏休みに帰省していた友人と旧交を温め、社交的で楽しい毎日であります。友人と会うとなると、外にご飯を一緒に食べに行ったりすることになるわけなので、美味しい日々でもあります。

そんな感じの日常に戻ってまいりました。

今日はこんなところで。