文系PhDの日常

実学から遠い文系;博士号ほしい;海外留学中

9月の最後にしたこと&10月ですね

もう三ヵ月で2019年になってしまうわけですね。早い。

 

さて、9月の最後は「平成狸合戦ぽんぽこ」を観ました。既に何回か見たことがありますが久しぶりです。

これを観るにあたり、現地の方から「ぽんぽこは外国人には非常に理解が難しい」という前情報を得ていました。なので、そういう点に気を付けながら見ましたが、確かにこれは相当日本文化に精通していないと難しそう……。

 

(以下ネタバレ含みますので、これからぽんぽこをまっさらな心で見たい方は、明日の投稿でまたお会いしましょう。さようなら)

 

そもそも狸というのが難しい。私は狸の実物がその辺を歩いているのを見たことなんてないわけですが、狸が人里近くに生息する固有種だということは知っています。そして、狸が化けたり、狐と騙しあいをしたり、信楽焼の置物になったり、置物の睾丸がとても大きかったり、お腹をぽんぽん叩いたりするということを、何となくでも知っています。

これを知らないと、あらゆることが前触れもなく突然起こるし、舞台は多摩ニュータウンという、日本を知らない外国人には縁もゆかりもない土地だし、「なんのこっちゃ?」となってしまうのでしょうね。

 

ちなみに日本語に英語字幕だったのですが、観客席にいた現地の子供(小学生ぐらい)は理解できたのだろうか……まあ自分も、小さいときは環境問題的なテーマを全く理解せず、狸が話して動いて面白いなあーぐらいだったと思われるので、子供は子供で、言葉や背景がよく分からなくても楽しいのかもしれません。

 

前に見たことある映画だったのであまり期待せずに観ましたが、久しぶりにがっつり日本的なものを味わえたし、良い気分転換になりました。

 

今日はこんなところで。