文系PhDの日常

実学から遠い文系;博士号ほしい;海外留学中

マザーグース好きです

なんでか分かりませんが、久しぶりに「誰がコマドリ殺したの」が気になって調べました。

何を描写しているのか諸説あるという謎めいた雰囲気がまた堪らん。

(その流れできらきら星の原曲が、3歳児にはとても聞かせられないような大人な内容の歌詞付きだということも調べた)

ちなみに私がマザーグースの中で一時期はまっていたのは、My mother has killed meというとんでもない題名の一遍でした。良い子にしてないと親に殺されちゃうぞ♡というしつけ用の歌だそうです。パンチが効いてますね……。

 

子供の頃から谷川俊太郎訳のマザーグースをよく読んでいましたが、今も小説・詩の趣味は一貫して、難解なもの・入り組んだもの・謎めいたものなので、三つ子の魂百まで感があります。

森博嗣氏『スカイ・クロラ』も好きですが、このシリーズも、謎解き専門のウェブページがあるぐらい、入り組んで謎めいたお話ですね。

ただ、私は謎が解きたいとはあまり思わず、「何か奥に隠れているぞ……」という雰囲気だけを楽しんで満足する派ですが。

 

研究で中世の文学を読んだりすることがありますが、昔の人の世界観は時にぶっとんでいて、時に謎めいていて飽きません。

 

今日はこんなところで。