文系PhDの日常

実学から遠い文系;博士号ほしい;海外留学中

現地美容院で髪を切る

ようやく!髪を!切りました!!

どうして「ようやく」なのかと言いますと、ずばり私が怠惰で面倒くさがりだからというだけなのですが……

 

……まあ、そこはあまり突っ込まないでください。

 

しかし、腰を上げるのが遅くなった最大の原因は、現地の美容院に行くか、日系の美容院に行くか延々と迷っていたからなのです。

現地の美容院なら、安いところを選べるし、近場で行ける。でも、質が良いという噂は聞いたことがない!というかむしろ、美容師になるのに資格がいらないため、ほんとーーーにピンキリだと聞きました。

日系の美容院なら、安心・安全の日本クオリティですが、料金は高いし、首都に遠征せねばならない(電車で三十分とかですが……)。

 

アジア人の髪に慣れている人ならいいか、と思い現地でアジア人が行く美容院をそれとなく町で探していたのですが、見つからない。アジア系の移民だっているので、どこかにはあると思うんですけど……表通りにはないのか……みんな普通にそのへんのに行っているのか……。

 

そんなこんな悩んでいるうちに、髪は耐え難い長さになってしまいましたので

「もうええわい!一番近い美容院にいったる!!」

というわけで自分の家の隣に新しくできた美容院に行きました(近い)。

 

ちなみに私の髪は

・直毛

・量が多い(日本では通常、何も言わなくてもすかれる)

・細いが腰がある(ふわふわに猛烈な憧れ)

という感じです。

 

結論から言うと、仕上がりに満足しました。次回も行くと思います。

美容師のおじちゃん良い人だったし。

 

 

「これくらい切って」と言って「はいはいー」って切ってもらっただけなので、全くすいてもらっていません。切ってもらった直後は髪が濡れていたのでよく分かりませんでしたが、乾いていくにつれ、髪の切り口の厚みがすごいことに気が付きました。

毛量ハンパないな……。

だからいつも問答無用ですかれていたのか……。

 

しかし、私は外見にそこまで執着しませんので、「短くなったから、さっぱりー」という今の状態に十分満足です。

 

今日はこんなところで。