文系PhDの日常

実学から遠い文系;博士号ほしい;海外留学中

図書館の貴重書セクションへ遠征

大学図書館の貴重書セクションに初めて行ってきました。

どきどき……。

 

こんなところでしたー

f:id:hterd:20181201060454j:plain

 

机の左の方に灰色のクッションのようなものが見えますが、本用のクッションのようでで、上に古い本を置いて作業している人がいました。

普通に置けないような本を扱うのか……緊張する……

 

と思っていましたが、私が読みたかった本は18?19世紀ぐらいのものだったので、普通に「はい」と渡され、自分でスキャンもできました。

別にページが緩いところもなく、本当にタダの古い本だったので拍子抜け(と思ったら気が抜けたのか、本を床に落下させてしまった……さすがに肝を冷やしました)。

 

もうあまり残数がない本なのかもしれないですね。スキャンして電子化すればいいのに……しかし、電子化自体はどんどん進んでいるので、この本もそのうち電子化するでしょう。

私みたいなのに触らせていると、本を落とされたりして危ないしな。

 

今日はこんなところで。