文系PhDの日常

実学から遠い文系;博士号ほしい;海外留学中

アトピー@ヨーロッパ:噂の化粧品&クリームを使ってみた

こんにちは、はたえるど@アトピーです。

 

先日色々なブランドのクリーム・スプレー(化粧水)を買ったので、レビューしようと思います。

ヨーロッパ在住で敏感肌・乾燥肌・アトピー肌のケアに悩んでいる方がいましたら、参考にしてもらえればと思います。

 

ちなみに私はこんな状況です:

・軽度のアトピーが幼児期からずっとある。

・患部は主に首、関節(膝裏・ひじ内側)。

ステロイド使用経験あり。プロトピック使用経験あり。

・渡欧にあたって薬はある程度持ってきた。

ニベアを塗ると死亡(絶望的に肌に合わない)。

・ヨーロッパの水(硬水)をそのまま顔につけると死亡(死ぬほど乾燥)。

 

なので、日常的にアトピーに苦しんでいるわけではありません。

でも、敏感肌・超乾燥肌なので、冬は乾燥するのに肌に合わないクリームを塗ると痒いし、夏は普通にあせもで辛いです。

 

日本では皮膚科でヒルドイドを処方してもらっていましたので、こちらでもヒルドイドを買ってみたこともあります(普通にネットで買えました)。

こんなの↓

 

f:id:hterd:20181202224228j:plain

(使用感満載でスミマセン)

 

これはなんと、おじいちゃんの軟膏のような匂いが!説明を読みましたが、どうもリウマチの治療用(?)のようです。

それでもめげずに顔に塗りましたが、ちゃんと皮膚を保護してくれるので悪くはないです。なんかでも、やっぱり日本のヒルドイドとは違う感じ……。

 

先進国ヨーロッパで化粧水・クリーム難民になった私は(現地の人はクリームだけで生きていけるが私は無理)、ヨーロッパで手に入る敏感肌用化粧品ブランドから色々買って使用してみました!

そのラインナップがこちら↓

 

f:id:hterd:20181202222458j:plain

 

というわけで今日は、

 

① ユーセリン(Eucerin)

② シンプル(Simple)

③ アヴェンヌ(Avène

④ ラ・ロッシュ=ポゼ(LA ROCHE-POSAY

⑤ デクバル(Decubal)

⑥ バイオイル(Bio-Oil)

 

という各ブランドで使用した化粧水・クリームの使用感をレビューしたいと思います。

 

① ユーセリン

購入したのは「アトピーコントロール」というシリーズの顔用クリームです。

クリームって書いてあるけど乳液のような付け心地。

 

f:id:hterd:20181219032432j:plain

 

なぜか洗剤のような匂いがする……でも、肌荒れすることもなく良い感じ。

ただし、超乾燥肌の私は乳液だけでは保湿しきれないので、オイルを混ぜて使っています。

 

② シンプル

イギリスで人気の敏感肌用ブランドという触れ込みのシンプル。

 

www.simple.co.uk

 

日本のキュレル的な立ち位置でしょうか?

 

「人気」というだけあって、基本はちょっと肌に悩んでいる一般の人向けかと思います。

私が使ってみたのは、日中用・顔用クリーム。

 

f:id:hterd:20181219032132j:plain

 

肌荒れとかはないけど、やはり保湿力に欠けます。

アトピーの人に特におすすめはしません。

 

③ アヴェンヌ(Avène

今回の個人的なベストはアヴェンヌです!

 

www.avene.co.jp

 

私が使っていたのは「アヴェンヌ・ウォーター」(これは日本でも売ってますね)と

 

 

「ボディーバーム」。

 

f:id:hterd:20181219032006j:plain


「アヴェンヌ・ウォーター」はスプレーになっていて、霧雨のような細かい化粧水を吹きかけることができます。

 

ボディークリームは……何かトイレの芳香剤的な匂いがします……最初は「匂いがダメだ……」と閉口しましたが、結局今は一日二回使っています。

 

アヴェンヌが最も良かったのが、肌への負担が少ないと実感できるところ。

使っていて痛みがあったり、肌に違和感を感じるということがありませんでした。

 

一方で、保湿力には欠けます。がっつり保湿したい人向けではありません。

そもそも「アヴェンヌ・ウォーター」は化粧水の前に使う「プレ化粧水」だと日本語のサイトには書いてあります。

つまり、化粧水は別に必要です。

 

というか、アヴェンヌの商品は最初「これは……あまりに使用感があっさりしていて、ちゃんと保湿できていないのでは?」とちょっと疑問に思っていました。

が、次に紹介する「ラ・ロッシュ=ポゼ」で若干肌荒れがあった後に使ったら、この低刺激がちょうど良い!

 

なので、既に肌が荒れていて通常よりさらに敏感になっているときにおすすめだと思います。 

 

④ ラ・ロッシュ=ポゼ(LA ROCHE-POSAY

皮膚科医のお墨付きという敏感肌用のブランドです。

 

www.laroche-posay.jp

 

私は、ボディクリームとして「リピカバーム AP+」を使いました。

 

 

メロン?のような何だか不思議な匂いが少し。

こってりしたクリーム状で、塗った後も「塗りました」感がてらてらと目に見えます。

 

これは私の求めていたテクスチャーにも近いしコスパも(ここでは)割と良いし、最初は「いいな」と思って使っていたのですが……先ほど書きましたように、肌が痒くなりました。

夜寝る前に塗ると、寝ている間にかきむしってしまうことが判明。

 

傷口にしみるので、既にちょい荒れの肌には刺激が強すぎたのかもしれません……。

もうちょっと調子が良くなってからリトライしたいと思います。

 

⑤ デクバル(Decubal)

これは乾燥・感肌用のオランダのブランドのようです。ネットで買ったので店舗で見たことはないですが……。

 

www.decubal.nl

 

私が使っていたのは「インテンシブ・クリーム(ボディー用)」 。

 

f:id:hterd:20181219032304j:plain

 

無香料&パラベン(防腐剤)フリー。

 

このクリームは非常に濃厚です。半分オイルかと思うようなべたべたしたテクスチャーで、塗った後はそれこそオイルを塗ったのと同じぐらいてらてらします。

 

でも保湿力は抜群。

 

そもそも私はこれをリピ買いしていたのですが、100mlサイズしかないのが毎日バンバン使う私にはネックで……。

でも、肌荒れもしないし、べたべたするけど保湿力は素晴らしいし、信頼しています。

 

⑥ バイオイル(Bio-Oil)

 傷跡に効くという触れ込みのバイオイル。 

 

 

私も火傷跡に使用していました。

 

phdnonichijo.hateblo.jp

 

火傷跡、まだ普通に残ってますけどね……というかまだ治りかけというか。

 

バイオイルはオイルなのにさらっとした使い心地が良いです。

そしてとにかく匂いが良い!木の匂い。

 

私はオイルで全身が光り輝くのは嫌いなので、バイオイルをそのまま体中に塗るということはしません。でも、他のクリームに保湿力が足りないと思うときなど、バイオオイルを混ぜて使っています。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

最終的に現在の私は

 

顔:ハトムギ化粧水(日本から持ち込み)+ (現地の)ヒルドイド + バイオイル

首:アヴェンヌ・ウォーター + ユーセリンのアトピーコントロール(顔用)

体:アヴェンヌのボディーバーム or  デクバルのインテンシブ・クリーム

 

を使用しています。

 

本当はハトムギ化粧水に代わる化粧水を見つけたかったのですが、今回は良いものが見つかりませんでした……。

というわけで、「アヴェンヌ・ウォーター」のスプレーがなくなったら、また違う化粧水を買って試してみたいと思います。

 

ヨーロッパで肌に負担の少ない化粧品・クリームを探している方の参考になりましたら幸いです。

 

では、今日はこんなところで。