文系PhDの日常

実学から遠い文系;博士号ほしい;海外留学中

読了本!『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった一年間のこと』

花田菜々子さんの『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』を読み終わりました!

ずっと気になってて、amazonの欲しいものリストに入っていたのです。ついに読みました。うふふ。

 

 

 

ヴィレッジヴァンガードの店長である著者が、出会い系サイトで本を紹介するサービスをしてみた話。出会い系って私は「エロ?」としか思わなかったのですが、もっと一般的な方向のやつです。起業したい人とか人脈広げる目的で色んな人に会う、とか。私が知ってるなかではタイムチケットが一番近い気がします(本の中の出会い系サイトでは金銭のやり取りは介在しないようですが)。

エロ目的で会って本を勧めるってぶっとんでるな……と思ってましたが、ちゃんと本紹介目的(という建前。相手はセフレ探しなどエロ目的の場合もあるので……)で会うわけですね。

 

まあ以上のような私の頓珍漢な勘違いがあったため、エロ系の出会い系でないと分かったときにはちょっとがっかり。冒頭では「なーんだ」と思いつつ読み進めたわけですが、後半の疾走感は良かったです。わけわかんない人に会って心にダメージを受けても、また新たな人に会いに行こうという積極性と行動力がすごいですよね。

 

それに、著者の本に対する愛には胸打たれるものがありました。

どんなぶっとんだ本でも「こんな素晴らしいところがある」と輝いている部分を見つけ出す能力が素晴らしい。

私もこうしてちょこちょこ本を紹介したりしていますが、もちろん著者の花田さんのほうが色々なジャンルの本をたくさん読んでいらっしゃるわけで、確かにこういう人に「あなたにはこれが良いと思う!」って本を紹介してもらえたら良いなあと思いました。

 

私がこの本を読んで真っ先に思い浮かんだのは飛鳥井千砂さんの『砂に泳ぐ彼女 (角川文庫)』でした。

以前ご紹介しましたが、人生うまくいってない主人公が前に進む力を身につけ、強く生きていくようになる話。

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』でも、著者の花田さんは最初、夫と別居、仕事に不満等で「人生うまくいってない感」があるのですが、出会い系サイトで色々な人に出会うことで自分が変わり、人生が変わっていくというのが手ごたえをもって語られてます。

 

あとこの本の中で紹介されていて思わず買って読んでしまったのが『アルテイシアの夜の女子会 (幻冬舎文庫)』。しょっぱなからあまりに下ネタ連発なので、最初はちょっと胸焼けしましたが、今まで他のどこでも読んだ/聞いたことのないようなあけすけなセックス・下トーク連発です。

でも単なるぶっちゃけ話というだけでなく「女性も自主性をもってセックスライフを楽しもう」という著者の姿勢が良いなと思いました。セックスについてAVやan・anの知識しかなくて、「創作物におけるセックスライフと私のセックスライフはどうも違う……私がおかしいのか……」と思う人はまずこの本を読みましょう!

 

 

ご興味ある方は是非。

 

では、今日はこんなところで。