文系PhDの日常

実学から遠い文系;博士号ほしい;海外留学中

リスボン旅行二日目[シントラ遠征&タイムアウトマーケット]

さて、リスボン旅行二日目。

 

今日は、電車で40分程度のところにあるシントラという町に行きます。

色々なお城を見られるという山の町。

 

本当はもう少しリスボン市内を極めたい、という気持ちなのですが、今日が滞在中で最も天気が良いと思われる日なので、お出かけを今日に設定したのです。

 

 

私と同行者Aさんが今回見たのは

シントラ王宮(Palácio Nacional de Sintra)

ムーア城(Castelo dos Mouros)

ペーナ宮殿(Palácio Nacional de Pena)

というメジャーなお城三つでした(本当は他にも色々ある)。

 

さて、リスボンでシントラ一日券(みたいな交通券)を買って出発。

終点のシントラ駅で降りると……結構寒い!

リスボンとは三度ぐらい気温が違うのでは……という体感です。

 

まずは、駅からシントラ王宮まで歩いて行きます。

早速天気はいまいちで傘を差しながら坂を上ります……同行Aさんはすぐに音を上げ、一番最初に目に留まったカフェに飛び込んで「雨宿りしよう」と早くも戦線離脱。

 

Aさんを「もう小雨だから」となだめすかしながら、シントラ王宮へ。

大きくて立派な宮殿ですが、閑散としている……。

 

これはリスボン(とシントラ)の観光地全体に言えることですが、夏の繁忙期を想定した構造になっているせいか、閑散期の現在は非常に物寂しい印象……。

修復中のお部屋もいくつかありました。

 

宮殿は、ポルトガルらしいタイルが美しく、タイル的な模様の繰り返しのデザインが多かったのが興味深かったです(また自分で撮った写真がないので、城の中庭の写真を pixabay から拝借)。

 

f:id:hterd:20190202061436j:plain

 

(ちなみに奥に白い三角錐が二本あるのは、内部がキッチンになっています。面白い構造ですよね。)

 

適当にお昼ご飯を食べて、ムーア城へ。

山の上なのでバス必須。この細いヘアピンカーブが連続する場所に、なぜか大型二連のバスを通す……「マイクロバスにして頻度を二回にしてはダメなのか」とAさんの議論をしましたが、運転手にも相当のテクニックが必要とされるように思うので、人材確保が難しいのではという結論で落ち着きました。

 

ムーア城に到着。

ここが私的には一番のツボでした。

これは城と言っても、岩の城壁が残っているだけ、というようなワイルドな場所です。大きな岩がごろごろあって、ジャングル感があります(またまた pixabay から写真を拝借)。

 

f:id:hterd:20190202062801j:plain

 

強風の中、城壁の上を歩き回るのが楽しかったです。

 

 

再度バスに乗って、ペーナ宮殿へ。

カラフルな可愛らしいお城です。写真から察して頂けるかと思いますが、小雨&霧かつ突風という感じの素敵な天気でした。

 

f:id:hterd:20190202063037j:plain

 

彫刻もタイルも素晴らしい。

やっぱり模様がイスラムっぽいところがありますね。興味深いです。

 

f:id:hterd:20190202063500j:plain

 

城の外は公園になっていますが、超巨大でした。ちょっと歩いてみましたが、すぐに音を上げてシントラ観光は終了。

 

リスボンに帰って、タイムアウトマーケットというフードコートで夜ご飯を食べました。

 

f:id:hterd:20190202063912j:plain

 

ここ便利です。おすすめ。

洋食、和食、シーフード、バーガー、デザート……何でも好きなものを食べられます。「今日のレストランどこにする?」と同行者と相談しながら町を歩き回る必要がなくなります。

 

値段はポルトガルの物価を考えると、少し割高かな?まあ質も良いのかもしれません。私が食べたものはどれもとても美味しかったです。

雰囲気も良いです。清掃の方が歩き回っていて、食べ終わった皿なんかは次々片付けてくれます。

現地の方も利用されているようでした。

 

ちなみに私はデザートまでがっつり食べたうえ、ポルトワインの飲み比べまでしてしまいました……いやあ、堪能しましたね!

 

二日目はこれにて終了であります。