文系PhDの日常

実学から遠い文系;博士号ほしい;海外留学中

リスボン旅行三日目[サン・ジョルジェ城&28番トラム&ロープウェイ&リフト]

今日は満を持してリスボン中心部の観光です。

 

思ったより天気が大丈夫そうなので、リスボン中心部にあるサン・ジョルジェ城に行くことにします。

 

途中こんな眺めの良いところでランチ。

 

f:id:hterd:20190202065509j:plain

 

まあ天気は相変わらずな感じですが……。

 

サン・ジョルジェ城まで、またまた坂を上っていきます。

晴れていればこんなところですが

 

f:id:hterd:20190202065736j:plain

 

実際は、突発的な雨と強風でぐしゃぐしゃになりながら観光しました。

高台にあるので眺望はばっちり。城壁の上を歩き回ったり、遺跡を見学したり楽しい場所です。

 

 

お城の後は、大人気の28番トラムに乗ります。

細い路地をトラムがごとごと走っていくのは風情があって良いのですが、中でも28番は観光名所を通っていくそうで、観光客に人気で非常に混みあっているとホテルのホストにも言われていました。

「混んでるならまあいっか」

と私と同行者Aさんは早々に諦めの境地だったのですが、なぜでしょう、気づいたら乗り込んでばっちり座席まで確保していました。

 

細い場所をするすると通っていくのが面白いですね。アップダウンもあるのが良いです。

 

Aさんの希望で国会議事堂の建物が見える駅で降車して、(Aさんが)写真をぱしゃぱしゃっと撮って山下り。

 

やっぱり天気がいまいちなので、室内アトラクションとして、ヨーロッパ最大と言われるリスボン水族館を覗きに行ってみることに。

 

ja.wikipedia.org

 

しかし、着いてから入場料が18ユーロと知って二人とも心が折れました。

併設のカフェで「うーん、これから1時間半のためだけに18ユーロは高い」「子連れでないと元がとれない」と言いつつ

初めてエッグタルト(パステル・デ・ナタ)を食べました!

 

f:id:hterd:20190202071105j:plain

(写真はまたまた pixabay から拝借)

 

このタルトはポルトガル名物らしく町中で売っているのですが、べレムという場所に有名な店があると知っていてそこで食べようと思っていたのでした。

しかし、町中どこでも見かけるのでやっぱり気になってしまい、結局ベレンに行く前に食べてしまいました。

 

カスタードタルトとのことで、中はとろとろした触感。思ったよりもやさしい甘さで良かったです。

 

 

水族館を諦めた我々(私と同行Aさん)は、海沿いのロープウェイに乗ることにしました。確か一人4€ぐらい。

海岸線に対して平行に進んでいくだけですが地味に楽しいです。

 

降りてからヴァスコ・ダ・ガマ・タワー、ヴァスコ・ダ・ガマ・センター(普通のショッピングモール)を見学。

 

一杯1.50€ のビール(400 ml)を二杯頼むと一杯分割引になる激安居酒屋で晩酌をしました。

現地の若者と思われる人々がたむろしています。

 

「ここはポルトガルのお台場だな(ちょっと閑散としてるけど……)」とAさんと合意。

 

 

さらに市内に帰ってから、サンタ・ジュスタのリフトに乗る。

もう暗くなっていて夜景でした。

 

f:id:hterd:20190202081106j:plain

 

キノコ型のリフトの外観は面白いし、レトロな内装で上に運ばれていくのが楽しいです。

 

 

明日はリスボアカードを活用して、べレム地区の観光に行きます。