文系PhDの日常

実学から遠い文系;博士号ほしい;海外留学中

ポルトガルについて思うこと

こんにちは、はたえるどです。

 

先日、ポルトガルリスボンに旅行に行ってきました。

やはり色々考える・思うことがあったので、つらつら書いてみたいと思います。

 

1.南の国は明るいな

滞在国(西欧)で飛行機に乗ったときは、薄暗い朝の光の中をみぞれ混じりの雨に降られながらというなかなかシビアな搭乗だったのですが、リスボン空港で飛行機を降りると……

明るい!

曇り空なのですが、全体的に光に満ちている!

南の国来たことを実感しました(でも滞在中ずっと天気が悪かった……ちーん)。

 

2.ポルトガルとスペインの違い

私は去年の夏にスペインにバカンスに行ったので

 

phdnonichijo.hateblo.jp

 

ポルトガル文化?スペイン文化のバリエーションみたいなものかな?」という予想を持っていました(はい大変失礼ですね。ポルトガルの方がもし読んでたら、ぶっとばしてやってください)。

 

でもこれが全然違う!

ポルトガル人ってラテン系と思えないぐらい大人しい人々ですね。大声で話したり笑ったりしている人もいないし、派手な服装の人もいないし、悪く言えば地味、良く言えば穏やかな人々です。

 

一つ印象的だったのが、学生向けの激安居酒屋に行った時のこと。

学生向けで若者がたくさんいるのですが、みんなぎゃあぎゃあ騒いだりせず、「歓談」といった感じで和気あいあいとお話ししている感じでした。途中で男性二人組の一人が何か面白かったのか、思わずという感じで「わーっはっは」と大声で一瞬笑ったのですが、そのすぐあとには「あ、失礼」という感じで口を手でおさえて周りを見るような仕草をしたのです。

うーむ、大声を出して「おっと失礼」って対応をとるなんて、なんて物静かで穏やかな人々なのだ。

 

そうそう、あとポルトガル人はスペイン人より英語が上手。

マドリードに行った時にも書いたのですが、スペインはスペイン語が分からないと大変な気がします……観光案内所でも「お前なんでスペイン語話さないねん」みたいな対応されたりするし。英語で話しかけると「え、英語かあ……」って思ってるのが顔に出てる(笑)。

ところがポルトガル人はみんな英語が上手!英語で話しかけても嫌な顔せず、超流ちょうな英語で対応してくれます。子供の時から英語の番組を字幕で見るから、発音を自然に身に着けられるのだそうですよ。

 

泊まった家のホストも「10か月住んでてポルトガル語は簡単な数ぐらいしか分からないけど、全然困らない」と言っていました。

 

4.ポルトガル人の優しさ

本当に優しい。押し付けがましくない、さりげない優しさ。

ちょっと困ってわたわたしていると、そっと手を差し伸べてくれる感じ。

 

これもエピソードがあります。

私と同行者Aさんがバスに乗っていた時のこと。

私がバスの降車ボタンを押したのですが、ちゃんと押せてなかったらしく「STOP」の表示が出ませんでした。Aさんが「押せてないよ」と教えてくれて、もう一回押したのですが、それを斜め前で見ていた青年が私が押す前にさっと降車ボタンを押してくれたのです。

そのときは「あ、この人も降りるのかあ」なんて呑気に思っていたのですが、その人は降りなかった!どうやら我々がもたもたしているのを見ていて、我々のためにわざわざ押してくれたようなのです。

 

……なんて優しいんだ。

片桐はいりさんみたいな旅行人情話をする日が来るとは思わなかったですよ(『わたしのマトカ』参照)。

 

老人がバスに乗ってきたら皆さっと席を譲っているし、気遣いができる人が多いですね。いい国や……

 

4.ポルトガルの貧しさ

西欧先進国から行ったせいか、全体的にちょっと荒んだ雰囲気や古い建築物が目につきました。

このグラフィッティとか見てくださいよ……。

 

f:id:hterd:20190207073459j:plain

 

メトロに通じる地下道ですが、ホームレスの方も生活しているようでした。

 

こういうグラフィッティとかシールが山ほど貼られた壁とか、ボロボロの道や建物を見ると……綺麗にするお金ないのかな……ちょっと貧しいのかなって思わなくもないわけです。

物価も安いしなあ。

 

5.リスボン観光は足腰の丈夫なうちに

脈絡が全くないですが(笑)。

坂道・階段がとにかく多いので足腰鍛えられます。それに道の舗装のタイル(?)がつるつるなんですよ!私の滞在中は雨っぽい日が多かったのですが、坂道+タイルだとそのまま滑り落ちてしまいそうで本当に神経使いました。キケン。

 

というわけで、リスボンにはそういうことがあっても大丈夫なうちに行きましょう。

私の両親が数年前から「ポルトガル……行こうかなあ」って迷っているので「早く行ってください!」と焚きつけておこうと思います。

 

 

以上、ポルトガルに行ってみて思ったこと・考えたことをゆるゆる書いてみました。

一言で言うと

ポルトガル、めっちゃ良い国!

という感想です。

 

次はポルトに行きたい……。

皆さんも機会があれば是非。

 

 

今日はこんなところで。

 

 

 

 

*蛇足*

リスボンと言えば『テルマエ・ロマエ』のヤマザキマリさんの『ヤマザキマリのリスボン日記』。懐かしのmixiの日記を書籍にしたものです。これkindle版がなくてこちらで再読できない……今度帰国したら読み返そうと思います。